toshipedia

様々なジャンルの好きなことをただ書いていく、ほのぼのブログです。

情報過多社会

 2018年12月11日
約 3 分

情報過多社会ですね。

 

よく分からないことについて調べてみても、
出てきたサイトの情報が正しいのかも分からず、
出てきたサイトで本当に知りたいことが書かれておらず、
複数の違うサイトを訪れてやっと知りたい情報が見つかる。

 

よくあります。

 

どこかのwebサービス(エンジニア向け・母親向けなど)に載っていそうで、載っていなかったり、
案外、個人ブログに質の高い情報が書いてあったり、
サイト内でも情報の質の分散が大きく、
このサイトだけ見れば、正しい情報が書いてあるという訳でもない。

 

そもそも、情報なんてものは、
その時々によって、正しいか正しくないかは変わるもので、
昔正しかったことが、今は正しいものではなかったりする。
昔の常識は、今の非常識。今の常識は、未来の非常識。
正しい情報は、時間変化によって書き換わらなければならなく、
そんなWEBサイトは作れない。(こまめに記事をアップデートしていれば問題ないが、実現可能性は極めて低い。)

 

いろんなサイトをみて、言っていることが違かったりすると、
頭痛がしてくることもしばしばあります。

 

「より質の高い情報だけを集めたサイトが欲しい。」って今更ながら思いました。
小児科オンラインのような、プロが高いホスピタリティで答えてくれるサービス・並びにメディアって、まだまだ少ないな。と感じるこの頃です。
そして、もっと増えればいいのに。と思うこの頃です。

 

だから、こんなサイトがあればいいな。と思いました。
「その道のプロだけが回答できる掲示板」
アイデアは【プロに信頼できるサイトを教えてもらえる】と言う点です。

  1. ユーザ登録(その人の得意分野、もしくは職業と共に)
  2. 登録は有料にすることで、質の高い情報が得られる空間を作る。
  3. 誰かが質問する。(例えば、英語について「お疲れ様って英語でどう言うの?」)
  4. 英語教師などに「こんな質問が来てますよ」と通知がいく。
  5. 通知が来たら質問に答える。もしくは、数あるサイトの中から質の高い情報源を教えてあげる。
  6. Good Answerとなったら報酬が受け取れる。

的な。

 

各分野でそれ専門のQAサイトなどがある流れに逆行している気がしますが、
まだ突ける穴はあると思ってる(情報の質の担保的な意)ので、
これはこれで細分化したものを包含するようなサービスにならないかね。

 

 

そんなアイディアだけ思いついて、いいな。
と思ったので、一方通行ですが、書きなぐってみた。

 

いぐない?

スポンサーリンク



About The Author

佐々木 俊樹
スーパーマンを夢見て生きる.
好きな言葉は「死ぬこと以外かすり傷」.
amazon欲しいものリスト公開したので,心優しい方お願いします.
http://amzn.asia/dq0gKJ4
このブログは個人的なものであり,所属を代弁するものではありません.

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook