toshipedia

様々なジャンルの好きなことをただ書いていく、ほのぼのブログです。

ダイロンのプレミアムダイ(ネイビーブルー)でTシャツを染めてみた

2019年7月3日
約 4 分

お久しぶりです...

前回の更新からだいぶ期間が空いてしまって,本当に申し訳ない.
社会人(データ分析屋さん)になるってこともあって,
ニューラルネットじゃない機械学習手法を勉強したくなってきたので,
その関連で記事を更新するかもしれません.

日常系で無いが.

さて,
案外白Tを着こなしている (着ている) 佐々木ですが,
とある理由から何色かに染めたい!俺色に染めたい!
と思ったので,実際に染めてみました.

この記事は,
何かを染めたいと思った人が,染めることに失敗しないための,参考記事です.

やること

今回は,この白Tをいい感じに染めたいと思います.

私のお気に入りのバンド,FINLANDSと,タワーレコードのコラボTシャツです.
新アルバム「BI」(リンク先はyoutubeです.) が出たので聞いてほしい.

ついでに,素材は綿100%です.

これをダイロン プレミアムダイ ネイビーブルーで染めていきます.
ネイビーの濃さは下の画像の8という数字の書いてあるところの色です..

結論と結果

やってみた結論として分かったのは,

・セルフ染めはすごく楽しい!
・塩は大事!

の2点です.

Tシャツは最終的にこんな感じに仕上がりました.

ムラもなく,仕上がり自体はとても綺麗で満足です.
ほんのり上半分と下半分で濃さが違って見えるかと思いますが,これはわざとです.
ただ全体的に,思ったより濃くならなかったんですよね.
そして,その落ち度は僕にあります.

それは,結論にも書いた通り,

塩が足りてない!(おそらく)+ 水洗いしすぎ?

ということです.

染色する際に,お湯に塩を入れるのですが,
調べてみると,この塩,発色を高める(=色落ち防止)効果があるみたいですね,
私は,今回,推奨量をはるかに下回る量で試したので,その報いだと思います.

染めの手順

では,軽く手順を.(ダイロンの2段染めの手順を参考にしました.)

用意するもの

・Tシャツ 1枚
・プレミアムダイ 1袋
・塩 250g  (私は30gくらい?) ← 今思うとナメプ
・40℃のお湯 6.5L
・容器(鍋やバケツ)
・染料を溶かす容器(ボウルなど)
・ゴム手袋

手順

1. プレミアムダイ1袋を500mlのお湯(40℃)で溶かします.

ちゃんと溶かさないと,染めた時にダマができる原因になるので,ちゃんと溶かしましょう.
粉の存在がわからなくなればOKだと思います.

2. 塩250gを6Lのお湯(40℃)で溶かし,染料を投入します.
この後,1時間弱このお湯を使うので,42~45℃くらいがいいのかもしれません.(知りません)
塩は250g! ナメプして30gとか,多分,おそらく,probably,やめたほうがいいかと思います.

3. Tシャツを浸け,15~20分ほど混ぜます.

「混ぜる」って書いてあって,「混ぜる」って何なんだと無駄なことを思いつつ,長い間Tシャツを揉みくちゃにしました.
Tシャツの後ろの染色液をみると,ネイビーブルーと言っても,なかなかのドス黒さになりますね.
なかなか綺麗に染まりそうですね.ここまでは.

4. 染色液に浸して20分ほど放置.

画像は一部だけ染めてますが,全部浸してください.
20分後,こんな感じになります.

5. 水洗いする.

正面からだと,

想像通りの色,むしろ,これで完成でよかった.

6. さらに45分ほど浸ける.(Tシャツの下半分だけ)
2段染めにしたかったけど失敗しました.笑(ほぼ一色にしか見えない)

7. 水洗いする.

8. カラーストップで色止め.

説明通りにTシャツに染み込ませる.

ここでだいぶ色落ちた気がするような?

9. 水洗いして陰干し
これで完成.

感想

狙った色通りにはいきませんでしたが,
思った以上に綺麗に染まったので,すごく満足です.
また,染めればいい話ですし.

終わり良ければすべて良し.とはちょいと違いますが,楽しかったのでOKにしましょう.

失敗したら嫌だなと思ってましたが,道具と材料だけあれば,
セルフでの染めものは案外楽だし,失敗しないと思います.(自分が大成功ではないので微妙ですが)

やってみて,今後もやりたくなるくらいハマりました.
セルフでの染めもの,おすすめです.ぜひ休日にでもやってみてください.

スポンサーリンク



About The Author

Toshiki Sasaki
スーパーマンを夢見て生きる.
今年の目標は「悩まない」
このブログは個人的なものであり,所属を代弁するものではありません.

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook