toshipedia

様々なジャンルの好きなことをただ書いていく、ほのぼのブログです。

修士1年の時の自分に言っておきたいこと

2019年7月3日
約 5 分

与太話

どうも.3月は記事いっぱい書きましたが,

4月はちょっと多忙な佐々木です.

修士2年 (M2) として新生活を迎えて,

生活だったり,考え方だったり,意識がまたアップデートされました.

「人生は教師なし学習」

そんなことを思う,20歳と35ヶ月目の今日です.

過去には戻れないので,あまり自分的には意味ないかもしれないですが,

いつかの誰かに向けたこんなブログを書こうと思います.

1年前の修士1年の自分に言っておきたいことです.

ポイントによっては,社会人でも大事なことを言ってると思うし,自分の今後にも役立つかもしれないですわ.

修士1年の時の自分に言っておきたいこと

1つ目

読めなくてもいいから,気になる論文を1日1枚は読もう

論文読むのって,慣れないとくそ辛いんですけど,読んでて損することは,むしろない

読みづらい論文,何してんのかさっぱり分からない論文は普通にあるので,
そういう時は,Abstractだけ頑張って読んで,それ以外はスラーっと,流しながら読む.

これで,頭の片隅にでも論文の概要を留めておいて,気になり出した時に,またしっかり読む.

自動的に
よく論文に出現する英単語がわかるし,
分からない英単語は調べることになってボキャブラリーも増えるし,
英語のReading能力は飛躍的に上がるはず.

2つ目

周囲には,アイディアではなく,成果・結果を共有する

学習するためには,結果が必須なんです.
仮説だけではなくて,事実,そして解釈を共有することで,やっと学習ができるっちゅうわけです.

「ペンに,パイナップルとりんごを刺して,音楽つけたら面白いと思うんです!」
これは仮説.
考えうるレスポンスとしては,「よく分からない」とか「やってみたら」とか.

その代わりに
「ペンに,パイナップルとりんごを刺して,音楽つけたら,なんかバズりました!キャッチーだったのが受けたんじゃないかと思います!」
これは前半が事実で,後半が解釈.
レスポンスとしては,「最近流行ってる音楽にちょっと変えたらいいんじゃないか」とか「なんか違うものも刺してみたら」とか.
とにかく次に繋がる.

極端すぎる例だけど,ほんと悩んでるより,何かしらの事実を把握することから始めよう.
ザ・トライアンドエラー,ザ・仮説検証.

言い換えると,「こう思ってるんですけど,何か研究のアイディアください!」スタイルはやめよう.

3つ目

自分のゴールを設定する

他人と比較しないでっていう意味も込めつつ,自分のスケジュール管理はとっても大事.

① 大雑把なゴールを決める(就活・進学・インターン・学会発表とか,大きいイベント)

② そのゴールに対して,細かくゴールを決める.

これだけ.
ただ,最初は細かくなんて決められないので,
決められるとこだけ,随時,決めて行くといいと思う.
ぼんやりしたままは悪.

就活は4月までに内定もらうとか,この時期は研究に集中するとか,大雑把なとこを決めてあげると,
スケジュールを俯瞰してみられるので,そしたら,
研究に集中するこの期間のゴールは,論文を読んでこの分野のサーベイをすることだな,って決めます.

んで,実際に上の例を引き続き使えば,
サーベイしてる間は,「今日はこの2つの論文を読むことがゴールだな」ってどんどん細かくしてあげて,
達成感というか,少しでも前に進んでる感を感じることが重要だなと思います.

できるだけ細かくゴールを指定してあげること.これが大事です.

ついでですが,私は1日を,秒単位でもなければ,分単位でもないですが,時間単位で管理してます.
恥ずかしいけどちょっとだけ載せます.この通りには行くわけないけど,目安です.

こんな感じです.
自由時間と書きつつ,大体は研究室にいる気がしますが,自由時間と書いておくのは便利です.
ある意味の余裕が生まれるので,気分的にいいです.

と,まぁここまで紹介してきた3つは,
早めに気をつけておけば,研究生活がもうちょっと楽しくなったかもなって感じです.
1年で学んだことでした.

ついでとして,ひどく個人的だけど,こんなのも学びましたよってのを簡潔にあげておきます.

・朝の目覚ましは時間を1つに決めよう
起きれそうな時間に1点集中.これを逃すともう終わり.そんな時間にしておくと気が引き締まって感覚的には起きやすい.
あと,音楽は爽やか系の自分の好きな曲に.私はアイドルネッサンスの6AMにしてから最高の朝を迎えてます.

・起きたら味噌汁を飲もう
味噌汁を飲むと目が覚めます.そして,味噌に含まれるトリプトファンがセロトニンを分泌するんで,夜眠りやすくなります.
「起きたら,ストレッチして,カーテン開けて,味噌汁を飲む」そんなルーティンを作っておくことも大事.

・悩んだら周りに相談しよう
当たり前のことをいかに当たり前にできるかってことですね.真面目な人ほど悩んで自分で解決しようと思う傾向がありますが,
同期,先輩,それでも解決しないなら教授,それでも解決しないなら,解決してくれそうな人へ,すぐ相談しましょう.

・外部の人と連絡とろう
「研究室」という限定された小さな空間に籠っていると,まるでそこが世界の全てみたいになります.めっちゃ危険です.
外の友達と連絡を取って,考えをリセットしましょう.だいぶ視野が広がり,気分もリフレッシュできます.

・やっぱり運動しよう!
残念ながら生きていればストレスはたまります.経験則ですが,運動が一番スッキリするように感じます.
私の趣味は音楽鑑賞ですが,音楽聞いてるよりも少しでも運動した時の方が心のリフレッシュの度合いが違います.
できるなら友達と運動するといいですね.あ,あと筋トレは最高です.

スポンサーリンク



About The Author

Toshiki Sasaki
スーパーマンを夢見て生きる.
今年の目標は「悩まない」
このブログは個人的なものであり,所属を代弁するものではありません.

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook