toshipedia

様々なジャンルの好きなことをただ書いていく、ほのぼのブログです。

佐々木、意識を失いかける。

約 3 分

どうも。

うん。

タイトル的には「ほのぼの」ではないような気もしますが。

表題の通りです。

まぁ、グロというか、人の不幸話なので、気分を悪くするような人は読まないでください。

気分を良くしそうな友達が多くて助かります。

さて、

昨日・今日と、京都に行ってきました。(ダジャレや!)

昨日ですね、献血のCMをみて「あ、献血最近やってねぇな」と思って、

本日、空き時間に献血してきました。

今回は、成分献血っていう、体に負担が残りにくい方法の献血法でした。

何かっていうと、赤血球、白血球、血漿、血小板を採血でとって、

自力での回復に時間のかかる赤血球だけ体内に返血する(戻す)んですよね。

その工程を4回ほど繰り返すと、終了なんですけど、

3回目の採血時ですね。。。

(返血した後の採血に違和感があったんですけど、案の定でした。)

ふっっっっっっっっと、

いや、

まずは、左腕(採血してる腕)の注射針付近に痛みが走り、

「痛ってぇ」

と思って、我慢してたら、それはなんとか過ぎ去り、

「ふぅぅぅ」と一息ついたのも束の間、

ふrwあっっっっっっっっっっっっっっと、

頭が痛くて痛くて、吐き気も出てきて、目つぶって我慢したんすけど、

「あ、これ、意識飛ぶわ」

と思って看護師さん呼んで、

3人ほどの看護師さんに助けていただきました。

ありがとうございます。

その時はもう気持ち悪さで目を開けられないほどだったのですが、

ベッドの頭を下げてもらって

「痛いですか?」と聞かれて、

「意識が………..うぅ」

と、言葉にならない言葉を振り絞ったら、

「意識がねwww」

と、看護師さんが笑顔だったのは少しだけ覚えています。

おそらく「痛いですか」の答えになってなかったからですね。

これが面接だったら、確かに落ちてますね。

正解は「はい。痛いです。」です。

その後に「どう痛いですか?」と聞かれたら、

「意識が飛びそうなほどです。」

と詳しく言いましょう。(いや、そんなことしてたら意識もう飛んでまうわ!)

ただ一時的なものだったらしく(低血圧になった)、

頭に血を上らせて、すぐに楽になりました。

これまで 400 ml の献血を 8 回やってきて、初めての経験だったし、

人生でもこんな意識が飛びそうになったのは初めてだったので、

外出するとブログのネタが増えるな。としみじみ思いました。

ほのぼのブログはこんな感じでいいかな?

来週も出かけます。

P.S.

間違って特急券がないのに乗っちゃった中国人と席が隣になり(ほんとはもうちょっと色々背景あるけど)、

facebook を交換するまで仲良くなった事件も起こり、やっぱ外出の持つパワーは違うな。と、そこでも思いました。

日本には5回くらい来てる方で、お仕事でいろんな所に行くらしいです。

なんの仕事かは頑なに教えてくれませんでした。

さよなら。

スポンサーリンク



About The Author

Toshiki Sasaki
スーパーマンを夢見て生きる.
今年の目標は「悩まない」
このブログは個人的なものであり,所属を代弁するものではありません.

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook