toshipedia

様々なジャンルの好きなことをただ書いていく、ほのぼのブログです。

KBCの先輩として,現在のKBC参加者を見てきたらピチピチだった

2018年12月11日
約 7 分

KBCからの突然の呼び出し

KBC前代表の英歩君に呼び出されて,

「KBCの歴代参加者と,現在の参加者のMeetupつまり交流会があるから暇なら来てよ.としくん.」

「今回の人たちめちゃ面白いです!」とのLINEをいただき,

後輩に「最近としきさんフットワーク重くなりました?」と馬鹿にされたのもあって,

今回はどんなサービスあるんだろうと,

ゼミ終わってからDinner Meetupへと駆け付けました.

英歩君,福岡大変だけど楽しんでください.

 

実は,ある方からは

「今回はレベルが下がってる」

「ITが少なくなってる」

「たまご」

と聞いていたので,大丈夫か学生!大丈夫かKBC!ということで先輩面してきました.

 

オフィス欲しい.

今回のMeetupは交流会だけではなく,

Salesforce Ventures Japan Headの浅田さんの講演もあったため,

そちらも楽しみにしてました.

場所はYM芝公園ビルの3F,メガソーラーのオフィス.

ほんとあそこは秘密基地みたいなおしゃれなオフィスですね.

僕のinstagramから引用しますけれども

書いてあるとおり,これ隠し扉です.

そんでもって中に入ると一面の人工芝です.

そしてこの中のひとつの本が扉を開ける鍵になってるんですね~まぁ~おされ.

Meetupは17:00~のところ,

ゼミが長引いて17:30位についてしまったので,

今回の目玉であるSalesforce Ventures Japan Headの浅田さんの講演終っちゃってたら最悪やな~

と思いつつ,扉を開けると,

女の子がぽつんと2人

うん??

参加者って今回2人?

うん?

英歩!!!??

出会いの少ない僕にKBCが助けの手を差し伸べてくれたのだろうか.

と思うわけもなく,

最初に話した子が,噂の「たまご」だったわけだ.

慶應の一年生.

「ピチピチしてますね」って言ってしまった.

やばい人って思われたらどうしよう.

若いってなんていいんだろう.

大学1年生と思うのと,高専4年生って思うのとでは全く変わってくるよな

 

 

今回のサービスの話を軽ーく聞いてきた

現在はすでに,DemoDayを終え,残りは5チーム.

世はテスト期間ってのもあって,今回のMeetupへの参加は3チームでした.

僕はテスト期間だったけど,このMeetupに参加した記憶があるのだが,今年のチームはそんなんでいいのかと思いつつ.

知ってる範囲で紹介します.

 

1.【TKGを世界に広めたい】

「そう.そう.」

「TKGは何の略ですか?」

「はい.佐々木君」

「はい.センセイ!Toshikingの略です.」

「はい.よくできました.ここテスト出るからね.覚えておくように!」

 

とりあえずビンタしたので許してください.

 

さて,一つ目

1. 【卵かけごはんを世界に広めたい】

問題設定 : 日本に来る外国人の多くは日本食を楽しみにしているが,卵かけごはんは食べてもらえてない.

ビジョン : 卵かけごはんを外国でも有名にする.SUSHIみたいに(たぶん)

ターゲット : 外国人 (日本にくる)

方法 : まず日本のJKをインフルエンサーにInstagramで卵かけごはんをBUZZらせる.BUZZらせて認知度を広げ,外国の人が日本で食べたいと思うようにする.日本で店を開く.

オリンピックもあるし,すごくいいと思うってのが最初の印象.

僕的には最終ビジョンが日本人ではなく外国人なら,外国人をインフルエンサーにした方が良いんじゃないかなと思いましたね.外国人に卵かけごはんの良さを知ってもらいたいなら,外国人が発信しないと遠いのではないかと.

フィンランドの人が,サルミアッキめっちゃ美味しいよ!って言っても,流行んないし.日本にいる外国人をテスターにして,外国人が好むタレを見つけるとかしないと.外国人,日本人の味覚は違うわけで.

ってこんなこと書いてたら,卵の種類はいっぱいあるから,

卵の食べ比べみたいなイベントしたら面白そうだなと思ってしまった.

写真もらえばよかったけど,見た目はスイーツのような卵かけごはんで可愛かったです.

 

2.【ファッションと人のマッチング】

問題設定 : 何を着ていけばいいのか分からない.

ビジョン : …聞き逃した.考えられる範囲だと,人がファッション選びで悩まない世界を作るってところか?

ターゲット : ファッションに疎い人?

方法 : web,アプリで,ユーザが「こうこうこういう場面で,こういう服が着たい」って入力すると,コーディネータさんが,おすすめの服を提示してくれる.例えば,「デートで必ず彼女が作れる服」とか,「街を歩けば女性という女性が振り向かざるをえない服」とかでしょうか.

なんか最近ピボットしたとか聞きましたけど,いまいち問題設定に共感を得られなかった.ただfashion techの分野は今後野比のび助らしい.

ファッション選びにめっちゃ困ってる!ってひとってどんだけいるかですね.

自分に似合う服を女の子が一緒に選びに行ってくれるサービスの方が需要あるんじゃ.

 

3.【女子学生と社会人女性のマッチング】

問題設定 : 意識高い系学生以外では,社会人と触れ合う機会が少ない.意識高い系だと思われたくない,SNSで露出したくないけど,社会人とかどうなってんのか知りたい.

ターゲット : 社会人女性の生態を知りたい女子学生

ビジョン : 社会人女性と簡単に触れ合える社会

方法 : web, アプリでマッチングする.

Tinderみたいに,この人には話聞いてみたい.聞きたくない.みたいなのを選ぶことになるのかな.

あとは社会人女性が学生に会うメリット.そこのインセンティブをどうするか考えどころ.ま,方法は溢れてると思います.

今度のプロフェッショナルでやることと近いところがあって,非常にいいサービスだなと感じました.これが僕の中では一番面白そう.

こちらがそのプロフェッショナル仕事の流儀の概要

10代 VS. プロフェッショナル 弟子入りスペシャル

これ,まじでサービス化いいと思うな.しかも女性向けってのが特に.男も欲しいよね.

 

今回は来てなかったチームも軽くどんな内容か聞いたけど,

いまいち理解してないので書くのはやめます.

 

講演は思ったよりも短かった

以下,浅田さんの講演より.

上の【女子学生と社会人女性のマッチング】に対しては,CMでおなじみのBIZREACHが行っている

BIZREACH CAMPUS

が参考になるのではないかということでした.

どんなサービスも本当に新しいものはない.

思いついた時点で,だれかやってる.もしくは誰かも思いついてると.

非常に共感.

ただ,その解決方法は既存のものが正しいのかといったらそんなことはない.

まさに「Jobs to be done」「ドリルを買う人が欲しいのは穴である」の話.

その代表例が,メルカリ.

今でこそ,フリマアプリの王様,神様,仏様となっているものの,

サービスがローンチされた頃は,フリマアプリとして10番目とか遅出だったそうな.

今の世の中サービスありふれてて困ることないよね~って思ってた僕としてはちょっとした気が付きでした.

ほんと無駄な情報も多いし,嘘も多いし,情報の整理してええええ

しよおおおお

 

最後に,

【伸びている起業家・サービスの特徴】

ってのがスライドで紹介されていたのでメモ.

  • 素直である

・吸収率が高い

・自分の知らないことは聞く.自分の知ってることは提供する

  • 原体験に基づいた問題解決に取り組んでいる

・深刻ではなくても自分が困っているもの

  • 好奇心旺盛である

・自発的

  • 忍耐力がある

・継続力

  • 細部にこだわる

・神は細部に宿る

  • 夢を実現可能レベルに落とし込める
  • 楽観的である

別件ですが

amazonの欲しいものリスト公開していこうと思って

Toshikingの欲しいものリスト

をプロフィールに載せてます.

心優しいお方,金欠のToshikingへ本,本を!!

スポンサーリンク



About The Author

佐々木 俊樹
スーパーマンを夢見て生きる.
今年の目標は「悩まない」
このブログは個人的なものであり,所属を代弁するものではありません.

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook