toshipedia

様々なジャンルの好きなことをただ書いていく、ほのぼのブログです。

『ライカ ゾフォート』のレビューをします

2018年12月11日
約 3 分

今回はインスタントカメラの「ライカ ゾフォート」の開封レビューをお届けします。
※『THETA V』の撮影編は思った以上に利用頻度が低くて記事にできてないです。すみません・・・

ライカで初となるインスタントカメラということで、とりあえず購入しました。
(このように私は直感で物を買う人です)

いつものように公式サイトを貼っておきます。

ライカ ゾフォート

 

開封

今回はヨドバシカメラの店舗受け取りを利用しました。
やっぱり箱空けるときワクワクしますね。何歳になっても少年の心になれます。

ふたの部分はただの黒塗りかと思いきや、ゾフォートで使える機能が書いてます。
こういうところオシャレ。

さらに開けると説明書とかがあって、その下に本体が入ってます。

付属品を並べました。
本体の他には、ストラップと色々な言語の説明書が入ってます。
あとはバッテリーチャージャーと変換器です。

同時購入したもの

いつもは本体を買った後、必要に応じてオプションを買い足しているのですが、
今回はフィルムが必要だったので一括購入しました。

まずはケース。
純正だけあってきちんとロゴと「sofort」のタグが付いてます。

あとはフィルム。

instax用と互換があるのでFUJIFILMでも良かったのですが、
最初なのでライカのものを買いました。
他のレビューを見ると発色が気持ち濃く出るとか・・・

外観

すごくシンプルに作られている印象を受けました。
難しい操作はなく、マクロとか特殊な撮影しないようであれば電源を入れたら準備OKです。
前面に小さな鏡もついてるので、セルフィーもできます。

撮影した写真

あんまり上手くはないのですが、近所で写真を撮ってきました。
素人でも味のある写真が簡単に撮れます。

見ての通り公園のベンチ。
凹んだときによく座っています笑

あとは道路とかシーソーとか。
昔の写真を見ているかのような気分。

所感

撮り直しできないところや味がある写真を撮影できるところが気に入りました。
利用頻度上げるために、もっと色んなところに行きたいですね。

スポンサーリンク



About The Author

Hiroki Goto
スヌーピーが大好きなお兄さん。
好きな言葉は時間が解決するです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook